読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科医師の暴露日記

歯科の裏事情やタブー、内緒話。患者さんには言ってはいけないと言われるような内容を書きまくります。

妊娠中とか授乳中の歯科治療って大丈夫なの?

こんにちは。

匿名歯科医師だ。

 

今回のテーマは

妊娠中とか授乳中の歯科治療って大丈夫なの?

だ。

 

女性特有の問題ではあるのだが、実は悩む人が多いと思う。

答えとしては、以下の通り。

 

妊娠中であれば安定期(4~7か月)の間のみ。

授乳中であれば、何の問題もなし。

 

となる。

 

・・・実は、妊娠中に歯に痛みがでる女性は非常に多い。

というのも、妊娠中は悪阻や女性ホルモンのバランスの不調和により、虫歯・歯周病が一気に進みやすいのだ。

実際、私の患者でも、

妊娠前に最後に来て、産後に通院を再開した人が居たが・・・

残念なことに歯周病が一気に進んでしまい、抜歯せざるを得ない状態になったことがある。

 

ここまで急激に進む人というのはさすがに少ないが、それでもかなり危険な状態となるのだ。

 

そして、妊娠中に不幸にも痛みが出てしまった場合、歯科での投薬に制限が掛かる。

要は全く効かない弱い薬しか出せなくなってしまうという事だ。

 

その為、痛みに耐えながら処置をしなければならなくなってしまう・・・。

 

こうならないためにも、痛みが出そうな虫歯や、歯周病がある場合は妊娠前に治療を完了させておいた方が良い。

 

今後妊娠したい。或いはする予定の方は十分に注意していただきたいと思う。

 

では、また。近いうちに。