読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科医師の暴露日記

歯科の裏事情やタブー、内緒話。患者さんには言ってはいけないと言われるような内容を書きまくります。

歯科医師の口の中。

歯科医師の選び方など

こんにちは。

匿名歯科医師だ。

 

随分と久しぶりの更新になってしまった。

嬉しい悲鳴ではあるが、仕事に追われてドタバタとしていた。

申し訳ない。

といってもそんなに見ている人は居ないと思うが。

 

今回、カテゴリーの分け方を学んだのでそれを早速使うことにした。

今更とか言わないでいただきたい。

 

さて、今回のテーマは

歯科医師の口の中

だ。

 

えらくザックリとしたテーマだが・・・。

要は歯科医師の口の中って虫歯はないの?あったとしたら保険で治してるの?

とか、そこらへんを書いていく予定だ。

 

 では早速。

歯科医師とは、口の中のプロフェッショナル。歯磨きの仕方を患者に指導する立場。

そして何より、治療を行う者・・・そんな人に虫歯があるのか・・・。

 

答えとしては、

 

 

 

「当然ある。」

 

 

 

だ。

虫歯とは所謂細菌感染症だが、同時に生活習慣病でもある

毎日しっかりと歯磨きをしていれば、虫歯にも歯周病にもなり得ない。

が、しっかりと歯磨きをするというのは実は非常に難しい。

いくらプロと言えども、毎日毎日やってられないというのが本音だ。

指導する立場上、やってませんよ!なんて声を大にしては言えないが・・・。

 

だが、もちろん一般の方々に比べれば、歯周病も虫歯もほとんど進んでいない人が多い。

 

それは自分が虫歯になりやすいタイプか歯周病になりやすいタイプか、などを知っているからだ。

そこら辺のなりやすいタイプなどの話はまた次回以降に行いたいと思う。

 

 

では、歯科医師の治療はどんな感じで行われているのか・・・

そもそも歯医者に行って虫歯の治療をするとき、大きく削ったものについては自費と保険の説明を受け、選択を求められたはずだ。

これはインフォームドコンセントと言って、日本語で言うと「説明と同意」という。

現在の医療行為の際には必ず必要になる行動だ。

 

もし受けたことが無ければその歯医者は止めた方がいい。

即転院レベルだ。 

 

歯科医師歯科医師の治療を行う際はもはや当たり前に分かっている人が相手になるので、説明の部分を省くことがほとんどだ。

 そして、ここからが重要だが・・・

 

まともな歯科医師は基本的に保険は選択しない。

 

なぜかというと、保険の治療のヤバさ不味さ、自費の良さをしっかりと理解しているからだ。

それゆえ保険をチョイスする歯科医師は居ない。

・・・あくまでもまともな歯科医師だ。

 

全く関係なく、保険で治す歯科医師も中には居る。 

 

こういった方々は基本的に治療に対するこだわりや、長期的な予後を全く考えていないと断言してもいいレベルだ。

「保険でも上手ければいいものが出来るよ! 」

とでも言いたいのだろうが・・・

 

同じ技術力の歯科医師が作るのであれば、技工士のレベルの高い方が良いに決まっている。

 

その程度の基本中の基本すら理解していないのだろう。

つまり、逆に言うとだ・・・

 

説明などを受けるときに、口の中に金属がちらっと見える歯科医師については・・・

 

 正直通うのを考え直した方が良いかもしれない。

 

少なくとも、私はそんなこだわりを持っていない歯科医師に診てもらうのだけはお断りだ。